2017年卒業予定者(大学生)の就職活動の内定率は、とある就職情報会社の調べによりますと、すでに54.9%(2016年6月1日現在)に上るとされています。
2017年卒の半数以上が、1社以上から既に内定を得ていることになります。

例年2月~3月に撮影の山となりますが、本日は公務員試験の方や、2018年卒のインターンシップ活動をこれから行なう予定のお客様をお撮りしました。
昨今では、就活本番前にインターンを行なうことが、スムーズに本番の就職活動に繋げるために重要とされています。
インターンも「就職活動」の一部になっている現状です。

本日お越しいただいたお客様からも、「インターンに出ておくと、その後の就職活動がしやすい」とのお話をお聞きしました。

インターン提出で使用するエントリーの証明写真はどうしていますか?
当スタジオには意識の高いお客様がいらっしゃいますが、口を揃えて「証明写真はきちんとしたものを使いたい」のだそうです。
インターンだからといって、身だしなみや、画質の粗いスピード証明などは使えない、という意見の方が多いです。

どうぞ、「売り手市場」といわれる今だからこそ、このチャンスを逃さないように、証明写真の撮影は当スタジオまでご依頼ください。

ご予約はこちらから承っております。

おすすめの記事
2021年卒
公務員試験の合格のメッセージを続々といただいております。転職証明写真とインターン証明写真が多くなっています。法政大学、立命館アジア太平洋大学、多摩大学、東京女子大学、成城大学、専修大学、首都大学東京、東京大学、慶應義塾大学他のお客様、お疲れさまでした。
皆様、こんにちは。 リクルートフォトスタジオ撮影担当です。 暑さも和らいできましたがいかがお過ごしですか? 大学3年生の方は、9月半ばくらい...