就活生の皆様、いかがお過ごしでしょうか。いよいよ2月に入りました。

これまでの積み重ねが出る就職試験ですが、少なくとも第三者から見られるところはキチッと決めておきたいものです。
証明写真がそのひとつです。
巷では、女性はバリバリのメイク付のスタジオもございますが、筆者はそこまで「飾る」と、逆効果だと思っています。
当スタジオの基本は、「ありのままの自分」を、さりげなくきちんと見せるということです。
面接のときに、その服装、髪型、メイクを再現できていなければ、相手はがっかりしないのでしょうか。
就職試験用の写真では行いませんが、お化粧をしなくても、修正はバレずにメイク(デジタルメイク)はできてしまうんですよ!
たとえば、お化粧をしていない女性の写真を撮り、その後、チークを入れてくださいといったら、本当にチークを入れている写真にできてしまうんです。
実際に別の仕事の修正(レタッチといいます)で、アイラインを入れたりもしています。

そこまでしてしまうと「嘘」になってしまいますが、当スタジオでは、お客様に姿勢や身だしなみの整理・指導も含めて、撮影前に5分ほどお時間をいただいています。
それだけでも、ガラッときれいになります。
そして、一番のポイントは「別人」の写真にならないということなんです。

ここで、証明写真の撮影前に行っておきたいポイントを男性・女性別にまとめてみました。

【女性】
髪は、自分でまとめられるようにまとめておくこと。
メイクは、ファンデーションなどの基本的なところはご自身で行っていただき、リップはピンクかオレンジ系寄りが良いです。
真っ赤なリップ(赤リップ)ですと、写真(プリント)にしたときに赤が目立ちすぎてけばけばしくなるのでご注意を。
チークも大げさに入れすぎると、目立ちますのでご注意ください。
特に前髪は、髪の毛の癖が強かったり、まとまらない髪質の方はヘアセットオプションをお申し付けください(原則水・土・日を除く平日10時~15時)
メイクも普段していない方やなれていない方、うまくできない方はメイクオプションをしていただくと良いです。

【男性】
髪をまとめる以前に、美容室や床屋さんで散髪をしていただくことをおすすめします。
要は、髪型というよりは、さっぱりと清潔感があるかどうかなのです。
特に選考も進むと、あなたの履歴書の写真や面接であなた本人を見るのは、役員や部長さんだったり、ビジネス経験の長い年配の方です。
髪型のスタイルよりは、清潔感があるな!と思わせて、印象をよくすることが一番なんです。

就職活動の証明写真は、リクルートフォトスタジオをご利用ください。ご予約はここをクリックしてください。

筆者もかなり前に大手企業の人事部門の中に入って仕事をしてきた経験から、外れてはないと自信を持って言えます。

以上は、就活の証明写真の撮影でスタジオにいらっしゃるまえに、行っていただくとよいことですが、これはそのまま、面接時にも行っていただきたいことなのです。
つまり、撮影前には面接にいくときのイメージで来ていただきたいのです。
頑張って来て頂いても、整っていなかったり、不足があったりする場合は、こちらで身だしなみを直したり、お客様とご相談しながら修整(レタッチ)を行っていきます。

さて、ここで修整した実例をご紹介したいと思います。

よくあるのが、髪をうまくまとめたいというお客様です。頭頂部のつんつん出た毛は押さえてもはみ出してしまう場合もありますので、その際は修整いたします。
また肩のラインの位置や、スーツのラインのでこぼこも修整しております
CDデータ付のプランで安くかつ丁寧な撮影が評判です。就活専門リクルートフォトスタジオ

当スタジオは、他のスタジオさんよりは丁寧な撮影を心がけていると思っております。
例年2月半ばから、特に3月は撮影希望の方で混み合います。
お早目のご予約をお願い申し上げます。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

おすすめの記事
2021年卒
就職用証明写真の表情について。 明治学院大学、日本大学、日本女子大学、専修大学、電気通信大学、明治大学、早稲田大学、法政大学、成城大学、白百合女子大学、共立女子大学、大妻女子大学、成蹊大学、駒澤大学他のお客様お疲れさまでした。
皆様、こんにちは。リクルートフォトスタジオ撮影担当です。 明治学院大学、日本大学、日本女子大学、専修大学、電気通信大学、明治大学、早稲田大学...