皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

まだまだ暑い日が続きます。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日は、明治大学、専修大学、東京家政学院大学、法政大学、成城大学、大妻女子大学のお客様他、お疲れさまでした。
もちろん、新卒用だけではなく、転職用の証明写真の撮影もできますので、お申し付けください。

さて本日は、証明写真の「背景色」についてお話したいと思います。
写真ではバックカラー、バックペーパー、背景布と言ったりしますが、リクルートフォトスタジオでは証明写真にお使いいただける色としては、全6色用意しています。
ライトブルー、ブルー、マリンブルー、ホワイト、ブラウン、グレーです。

では、この6色のうち、新卒予定の方が一番よく使っている色は何色でしょう??
・・・・

答えは、「ライトブルー」なんです。

リクルート証明写真と背景色の選び方

まず、「どうしてライトブルーがよいのか」についてご説明をしたいと思います。
皆様は、国籍や人種は違うかもしれませんが、ここは日本ですので、大多数の方は東洋系の「黄色人種」です。つまり、お肌の色がうっすらと黄色みがかっています。
このうっすら黄色の反対の色はなにかといいますと、ライトブルーなんです。専門的な言葉で申し上げますと、皆様のお肌の色と補色の関係にあるのが「ライトブルー」なんです。

そこで、補色であるとどういう効果があるのかと申しますと、人物が際立って見えるわけです。
証明写真のお肌は、ほぼ顔なのですが、証明写真はお顔がほとんどの面積を占めます。ですので、お顔がくっきりと際立って、感覚的によく見えるという効果があります。

もちろん、他の色がだめなわけではありません。

旅行会社や、航空会社の客室乗務員の方は、圧倒的に「ブルー」が多いんです。ライトブルーよりは少し濃い色です。
色が濃いと、少し華やかに映ります。

よく伊勢丹さんなどの写真室で使用されるグレーも悪くはないのですが、皆様くらいのご年齢ですと、人によってはとても地味に、言い方を悪くすれば「暗く」見えてしまいます。
大きな写真室ですと、背景の色を極力変えずに撮ろうとするならば、5歳くらいのお受験のお子様から50代の中高年まで、無難な色がグレーなわけです。
一般的に、グレーよりは、ホワイトがよいと思います。

某女子大学の就職センターでも、ある時期「写真館で撮影する証明写真は極力、ライトブルーかブルーなどのブルー系の色にしてください」という指示もあったりしますが、こういう視覚効果をしっかりと考えているのも、キャリアセンターのスタッフさんもすごいなと思ったものです。
弊社で学校向けに出張撮影する際の背景の色も、ほぼライトブルーです。

大学生の方はまだまだ9月中旬から下旬まで夏休みの方も多いと思いますが、先日は保育士志望の現4年生の方もいらっしゃいました。
職種や業界によって、就職活動の時期も大きく異なります。

大学院、大学生だけではなく、短大生や専門学校生、高校生の方ももちろん大歓迎です。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

おすすめの記事
インターンシップ
新型コロナウイルスの就活への影響と証明写真。逆境をチャンスに変えられる就活生に連日ご来店いただいております。専修大学、法政大学、明治大学、成蹊大学、東京工業大学、関東学院大学、神奈川大学、成城大学、昭和女子大学、電気通信大学、早稲田大学、慶応義塾大学、東京農業大学、東京都市大学、慈恵医科大学、中央大学、武蔵大学、東洋大学、亜細亜大学、国士舘大学、フェリス女学院大学、東洋英和女学院大学、大正大学、立教大学、創価大学、白百合女子大学、大妻女子大学、日本女子大学、東京外国語大学、拓殖大学、東京経済大学、東京国際大学、日本大学、多摩美術大学、首都大学東京、武蔵野美術大学他の学生様お疲れ様でした。
就職活動中の皆様、こんにちは。 本日は、専修大学、法政大学、明治大学、成蹊大学、東京工業大学、関東学院大学、神奈川大学、成城大学、昭和女子大...