これまでインターンや、会社の説明会などに行き履歴書の提出をしている方でも、これから本番なので、「写真スタジオできちんとした証明写真を撮ろう!」と思っている学生の方も多い時期です。
そこで、撮影前や撮影時にいろいろと疑問が出てきます。たかが証明写真かもしれませんが、本番ですと、気になるものです。
1回しかない本番の面接ですから、私どももお客様のお気持ちは理解しているつもりです。

そこで、証明写真について、不安や悩んでいたりする内容はだいたい決まっていますので、少しご紹介します。

こちらの「証明写真の基礎知識 」というページでご紹介しておりますので、ご一読ください。
少しはご参考になるかと思います。

この数年ですが、ちょっとお客様に申し伝えたいことがございます。
特に女性の方に多いのですが、カラーコンタクトやサークルレンズをお使いの方は、面接のときはともかく、撮影のときには外すことをおすすめいたします。
黒目が非常に大きいと、スチール(静止画)の撮影ですと、違和感が出てきます。
目の調整がどうしても必要な場合は、レタッチのほうが自然になります。
物理的に瞳を大きくしても、「目力」は強くなるわけではございませんのでご承知おきください。

撮影のご予約は以下からお願いいたします。

撮影予約をする

おすすめの記事
2020年卒
本命就活証明写真はどこで撮影したらよいか?スタジオ選びの疑問にお答えいたします。本日は、玉川大学、東京経済大学、獨協大学、拓殖大学、国士舘大学、東海大学、早稲田大学、日本大学、成城大学、法政大学、専修大学のお客様にご来店頂きました。
皆様、こんにちは。 今日はバレンタインデーですね! その昔、筆者が若かりし頃、「バレンタインデーキッス」という歌が流行りましたが、心をこめて...
2021年卒
例年よりも早く、しっかり就活写真を撮影する人が増えています。上智大学、早稲田大学、中央大学、専修大学、明治大学、昭和女子大学、玉川大学、大妻女子大学、創価大学、明治学院大学、日本女子大学、学習院女子大学、成城大学のお客様、お疲れ様でした。
皆様、はじめまして。 リクルートフォトスタジオです。 さて、今年の3年生(2021年卒)は、これまでになく、早めにしっかりとした就活写真を撮...