ご予約時お願い

リクルートフォトスタジオご予約はこちらから

皆様こんにちは。
東京工業大学、東京外国語大学、法政大学、神奈川大学、専修大学、明治大学、白百合女子大学、東洋英和女学院大学、玉川大学、武蔵大学、文教大学、成城大学、駒澤大学、日本女子大学、東京大学、東京電機大学、和光大学、麻布大学、相模女子大学、東京工科大学、多摩美術大学、日本大学、関東学院大学他のお客様お疲れさまでした。

さて、本日は、<就活証明写真の撮られ方のポイント>についてお話したいと思います。
この記事をご覧いただいている皆様は、Webや就職情報誌などで、証明写真についてあれこれと調べている方も多いかと思います。
そういった中には、広告の記事も含まれているため、すべてがすべて必ずしも正しいとはいえない文面であろうと推測できるものも散見されます。

たとえば、就職活動のヘアセットについても、「商社系」「マスコミ系」「IT系」「メーカー系」などとヘアセットの紹介をしている記事もありましたが、考えてみてください。
商社ならバッチリな髪型が、メーカー系の髪型が商社での応募では不利になるのでしょうか?
もしそうであるならば、複数業界に渡って就活をする学生さんは、有利にするために複数の髪型セットの証明写真を持たなければなりません。
他にも、「赤色系のネクタイはNG」などという記事もありましたが、本当でしょうか?
赤色系のネクタイをして面接をして、総合商社や大手食品メーカーに内定された方を知っていますが、ほぼ「都市伝説」の領域です。
ネクタイの色は、人によってパーソナルカラーというものがあり、似合う似合わない、というものがあります。
例えば、日焼けをした体育会系の人が赤系のネクタイをすると、少し暑苦しく見えてしまう場合が多いので、ブルー系にすると、調和して見えるといったバランスはあると思います。
得てして、自分の好みの色で身に着けているものは、その人に似合った色の場合が多いというのが、これまでの就活生を見ていて抱いた感想です。
意識しなくても、就活生の皆様はご自身のパーソナルカラーを認識しているのかもしれません。

いろいろな身だしなみや就活スタイルの情報が巷に氾濫していますが、絶対に必要な点だと筆者が考えるのは次の2点です。
氾濫している細かな情報に惑わされず、シンプルに考えてみてくださいね。

<パリッとした清潔ある襟元と髪型>

髪型のデザイン以前に一番は、清潔さを感じられるということ。
清潔さを出すためには、ポイントがあります。

1.男性は、前髪を下ろしすぎておらず、適度に額が見えること。整髪をして、1週間以内がベストです(男性の場合は、襟足などが伸びやすく、清潔感を出すには整髪後の期間が経過していないほうが清潔感が際立ちます)

2.女性も、すべての前髪が下りていると暗い印象に見えてしまうため、少なくとも片方の眉は必ず出し、もう片方の眉にかかっていても眉頭が出ているのがベスト。(額が出ていると明るいい印象に見えます)

3.髪型は、七三に分けているとキリっと顔が締まってみえます

4.男性はネクタイをきちんと結んでおり、襟まわりがすっきりとして見えること。女性の場合、レギュラーシャツ(一番上にボタンのついているシャツ)は必ず一番上のボタンを留めてください。

<キリっとした明るい表情>

1.必ずしも口角を上げている必要はありません。ネットや雑誌でみる証明写真はモデルさんを撮影した証明写真の例であり、かなり口角が上がっている場合が多いですが、口角を上げていればいいというわけではありません。
人の顔はそれぞれです。口角を上げていなくても楽しそうに見えてしまう顔つきの人もいますし、口角を上げるとふざけて見えてしまう人もいらっしゃいます。
暗く見えずに、しっかりとキリっとした表情であればベストです。

2.顔の左右非対称を気にしすぎるのは禁物です。あまり整えすぎた顔と実際に面接で見た時の顔の落差がありすぎると、証明写真としての意味がなくなってしまいます。
証明写真の第0印象で「この方は、キリっとしていい雰囲気の方ですね」と採用側が感じ、実際にお会いしてみた印象がさらに生き生きして見えると、「お会いしてみて良かった!」と思っていただけるはずです。
その逆の場合を考えてみてください。実際に会ってみた方が「印象が悪かった・・・」というのであれば、本末転倒です。

今年は例年よりも就職活動は速まってきていますが、それでも2月20日以降から3月の中旬までが撮影のピークとなります。
エントリーも多くなり、就活生の皆様は、多かれ少なかれ精神的には落ち着かなくなる時期でもあります。
少しでも自分をよく見せようとするあまり、「顔の右側を左右反転させてほしい」「ぴったりと左右対称にしてほしい」などというご要望も稀にありますが、その人の雰囲気を損なうレタッチはお受けできかねますし、就活生のお客様ご本人のためにもならないと思っております。
リクルートフォトスタジオでは、長年プロとして活躍しているフォトグラファー&レタッチャーが、「形を整えていく」という自然な修整で、お客様の第0印象のイメージアップのお手伝いをさせていただきます。

きちんとした写真館でしっかりと証明写真を撮影する機会は、人生のうちでもそんなに機会もありません。
機会の多くない撮影だからこそ、就活生の方は「どうしたらいいのかわからない」「他の人はどのような証明写真を使って、選考を突破しているのか」という疑問にもお応えできるものと思っております。

皆様のお早目のご予約をお待ちしております。

(ご予約を検討されている方へ、スタジオからのお願い)
ご予約をした後、何の連絡もなくご来店がなかったり、複数枠のご予約があるにもかかわらずご来店されないお客様が稀にいらっしゃいます。
昨今、「ノーショウ(No Show)」問題としてホテル業界や飲食業界でも、悪質な無断キャンセルが話題になっていますが、写真スタジオもその例外ではありません。
弊社は大規模スタジオではないため、ご予約を頂いている1時間あまりの時間を別のお客様のご予約のご要望があっても、お断りしていたりします。
他のお客様のご迷惑にもなるため、キャンセルをする予定のお客様や、ご来店をされないお客様のご予約はお断りさせていただきます。
何卒、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

おすすめの就活証明写真ならリクルートフォトスタジオへ。首都圏・全国各地から就活生がご来店いただく理由があります。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ght="229" />

リクルートフォトスタジオご予約はこちらから

おすすめの記事