皆様、あっという間に11月の半ばですが、いかがお過ごしでしょうか?
2019年度卒業予定の新卒の方以外にも、これからの時期は転職の方も多くなってまいります。

さて、本日は「就職活動の不安」について、お話したく思っています。

当スタジオは写真スタジオです。ですから、学生様はお客様ですが、写真をお撮りするというのが私たちの仕事です。
しかし、このスタジオに来ていただくお客様、特に遠方からもお越しいただくお客様も多いのですが、ご来店されて、すぐに撮影をして、ハイおしまいのスタジオではございません。
撮ってOKならば、正直なところ、自撮りでも、他の写真スタジオでも良いのです。仕事して、割り切って撮影しているカメラマンのアルバイトのいる写真スタジオにいけば、違いが判るはずです。

ここまで来てくださるのであれば、やっぱり就活でお客様の人柄が表現できるような写真にしたい、まずこういう気持ちがございます。
そのためには、お客様にもただ座って、普通の表情をしていただくのではなく、カメラマンやスタッフとお話をしながら、少しだけリラックスをしながら、お客様の表情を捉えたいと思っているのです。

また、学生様の今のお気持ちをお聞きしながら、当スタジオに来ていただいた方で、できるだけ多くの方に志望の職業について欲しいと思っているんです。
そして、服装や身だしなみについても、アドバイスさせていただきます。
お客様のなかには「この状態で、面接に行っても大丈夫?」と心配される方もいらっしゃいますが、髪型、メイク、服装すべてを含めて、正直にお伝えしています(時に、人によっては厳しいお答えをすることもあるかもしれませんが、お客様の本番のことを案じて申し上げておりますので、ご了承ください)。

来年当スタジオに来ていただく後輩たちが、先輩たちの気持ちが簡単にでもわかるように、待ち時間の間に「今の就職活動に対する気持ち、想い、不安、期待」などを記入してもらっています。

そのなかから、いくつかご紹介します。
ご予約はこちらから。

巷では、「売り手市場」などといわれており、就職関連の記事では楽勝とは言わないまでも、順調でした、というようなインタビュー記事も散見されます。
しかし、売り手市場などと思ってはいけません。実際に、就職活動に入れば大学問わず、ほとんどの人が、そんな状況だとは微々たりとも感じないはずです。

第一志望の内定を目指している方、是非当スタジオにお越しください。

ご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

おすすめの記事
インターンシップ
毎日インターンの学生様を中心に転職予定のお客様もご来店いただいています。共立女子大学、東京経済大学、法政大学、専修大学、聖マリアンナ医科大学、東京大学、早稲田大学、実践女子大学、東京薬科大学、上智大学、慶應義塾大学、電気通信大学他のお客様お疲れさまでした。
※当スタジオでは、毎日スタジオの内のオゾン殺菌により、ウイルス感染防止対策を実施しています※ ※撮影される方以外の、お付き添いの方のご入店は...