お疲れ様です。

さて、本日は証明写真の背景色についてお話いたします。
通常は、就職用の証明写真は「無背景」である必要がございます。
無背景とは、背景に余分なものが写っていないということが前提となります。ですので、色は何色でもよいのです。
ただし、一般的にはブルー系(ライトブルーもしくはブルー)、ホワイト、グレー、ブラウンのいずれかです。
よく他のスタジオでクロマキー背景(緑や青紺の背景)で撮影して、後で業務用の証明写真ソフトで背景を変えたりしますが、当社もそういうシステムは持っていますが、就職写真撮影では原則、おひとりおひとり背景の色を変える場合はバックペーパーを架け替えています。
他スタジオのデータで当スタジオに持ち込むときにグリーンの方がいますが、グリーンのままプリントするのはオススメいたしません。お気をつけてください。
他には、学校の出張撮影で「グレーのみ」の場合がありますが、グレーも悪くはありませんが、それよりもブルー系かホワイトをおすすめします。
ブルーの場合、人の肌(特に日本人は一般的に黄色人種です)の黄色の補色がブルーですから、お肌がきれいに見えます。かつ若々しさが際立ちます。
グレーの場合は、スタジオによっては「高級感を演出」と謳うところもございますが、人によっては「地味」に写ってしまう場合もありますので、人によってお勧めできない場合もあります。

当店では、地味すぎず、派手すぎない、ライトブルーが一番人気です。全体の8割がブルー系です。他には女性の場合は、濃い目のブルー、男性・女性ともホワイトにする方もいらっしゃいます。
バックペーパーを架けて撮影するだけのスタジオもありますが、当スタジオはお客様のお姿を際立たせるために、バックペーパーの後ろから逆行でライティングをしていますので、細かなところでも雰囲気がよくなると思っております。

お早目のご予約をお願いいたします。

就活用の証明写真背景色について
就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

おすすめの記事
2022年卒
コロナ禍ではじまる22年新卒就活について。専修大学、相模女子大学、筑波大学、埼玉大学、東京大学、青山学院大学、明治大学、千葉大学、東京工業大学、創価大学、中央大学、東京都市大学、東京都立大学、電通大学、法政大学、成城大学他のお客様、お疲れさまでした。
リクルートフォトスタジオは、本店と下北沢店の2店舗で運営しております。 ご予約の際にはお間違えの無いようにご注意ください。 さて、あっという...